当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
Ubuntuのログイン時にアプリを自動起動する方法

Ubuntuのログイン時にアプリを自動起動する方法

Blueskyロゴ Pocketロゴ  はてなブックマークロゴ

パソコンを起動するとOSと同時に様々なアプリケーションが起動します(スタートアップアプリ)。Ubuntuではユーザーのログイン時に「ユーザーが必要なアプリケーションを起動する」と言うことができます。

スタートアップアプリとは?

Windows OSと同時に起動するアプリケーションをスタートアップアプリと呼びます。

パソコンを起動したら必ず実行するアプリケーションは意外とあるもので、例えばインターネットを閲覧する為のブラウザ、メールのチェックをするためにメーラー、企業であれば社内システムなどが挙げられるでしょう。

起動してからアイコンをクリックしても面倒ではないでしょうが、自動的に実行させることができれば便利です。また、起動するアプリケーションが増えると起動までの時間が遅くなるので、不要なアプリケーションは起動しないように設定すれば高速化することもできます。

スタートアップアプリを変更するやり方

Ubuntuでは[自動起動するアプリケーションの設定]と[GNOME Tweaks]から設定することができます。

自動起動するアプリケーションの設定

  1. 画面左下の【⋮⋮⋮】をクリックします。
    Ubuntu→デスクトップ

  2. アプリケーション一覧より【自動起動するアプリケーションの設定】をクリックします。
    画面の左右をクリックするとページ遷移できます。

    Ubuntu→アプリケーション

  3. 自動起動するアプリケーションの設定より【追加】をクリックします。
    既存の内容を変更したい場合は【編集】、不要になれば【削除】をクリックします。

    Ubuntu→自動起動するアプリケーションの設定

  4. 自動起動するプログラムの追加より[名前][コマンド][説明]を入力し【追加】をクリックします。
    [コマンド]が良くわからなければアプリへのフルパスを入力するか、後述する[GNOME Tweaks]を使うと良いでしょう。

    Ubuntu→自動起動するアプリケーションの設定→追加

自動起動するアプリケーションの設定の使いかたは以上です。

GNOME Tweaks

  1. 画面左下の【⋮⋮⋮】をクリックします。
    Ubuntu→デスクトップ

  2. アプリケーション一覧より【ユーティリティ】>【Tweaks】をクリックします。
    インストールされていなければ端末(ターミナル)より以下のコマンドを実行します。

    sudo apt install gnome-tweaks

    Ubuntu→アプリケーション

  3. Tweaksの[スタートアップアプリケーション]より【+】をクリックします。
    不要になれば【削除】をクリックします。

    Ubuntu→GNOME Tweaks→スタートアップアプリケーション

  4. アプリケーションより[対象のアプリ]を選択し【追加】をクリックします。
    Ubuntu→GNOME Tweaks→スタートアップアプリケーション

GNOME Tweaksでのやり方は以上です。